イメージ画像

弁護士費用を損害として賠償請求できるか?

交通事故の損害賠償請求をする場合,弁護士に依頼し,弁護士費用を支出しなければならないことがあります。ここでは,交通事故の損害賠償請求のための弁護士費用を損害として賠償請求できるかについてご説明いたします。

弁護士への依頼と弁護士費用

交通事故の損害賠償請求は,非常に専門的な知識を要する紛争類型です。

不法行為に基づく損害賠償請求という類型自体,そもそも簡単な請求の類型ではないのですが,交通事故の損害賠償請求となると,それに加えて,独自の理論体系が確立しており,裁判例の習得も必要となります。しかも,科学的知識・医学的知識なども必要となるという,専門家でも難しい紛争類型です。訴訟となれば,さらに,証拠の収集など裁判手続の知識も必要となってくるでしょう。

そのため,交通事故の損害賠償を請求するために,弁護士に依頼するという場合もあり得ます。しかし,弁護士に依頼する場合には弁護士費用が必要となってきます。

そこで,この交通事故の損害賠償請求のための弁護士費用を,損害として賠償請求できるのかということが問題となってくるのです。

【関連】LSC綜合法律事務所の弁護士費用

弁護士費用の請求

残念ながら,一般的に,裁判においては,弁護士費用は損害として認められていません。それは,裁判所が,弁護士に依頼せずに本人だけで裁判を提起することもできる以上,弁護士に依頼した費用というものは,言ってみれば「ぜいたくな費用」であり,これを損害として相手方に請求できるとすることは,当事者間の公平を損なうと考えているからです。

この考え方については一般市民的感覚からすれば疑問なしとはいえませんが,しかし,交通事故による損害賠償請求については,裁判所においても,上記一般とは異なる考え方をしてくれています。

すなわち,交通事故の損害賠償請求は,前記のとおり,非常に専門的な紛争類型です。これを,法律の専門家でない方が,弁護士に依頼せずに,すべて本人でやらなければならないというのは,あまりに酷です。

また,被害者保護の理念にも反するでしょう。被害者の適正な保護を目指すのであれば,やはり,被害者の方が適正な保護を受けられるように,弁護士に依頼することを前提としたものでなければならないでしょう。

交通事故というもの,特に人身事故が,自動車運転過失致死傷罪などの犯罪としても成立しうる違法性の高い行為であるということも考慮に入れる必要があります。

そこで,交通事故の損害賠償請求においては,そのための弁護士費用も損害として認められる場合があります。

むしろ,人身事故の場合には,弁護士費用が損害として認められるのが通常であるといってよいでしょう。

物損事故の場合であっても,(事故の内容にもよりますが)弁護士費用を損害として認められる場合が多いと思われます。

【関連】交通事故における損害

弁護士費用の損害としての金額

とはいえ,さすがに,過剰な弁護士費用の請求まで認められるわけではありません。

損害として請求できる弁護士費用相当額は,原則として,裁判における損害賠償の認容額の1割程度であるとされています。

例えば,弁護士費用を除く交通事故の損害賠償請求の認容額(判決によって認められた金額)が1000万円であるとすれば,弁護士費用相当額の損害として認められる金額は100万円前後となるということです。

弁護士報酬特約との関係

近時,新しい問題として,自動車任意保険における弁護士報酬特約との関係という問題が生じています。

弁護士報酬特約とは,任意保険における特約の一種で,要するに,交通事故損害賠償請求をするために依頼した弁護士の報酬・費用を保険給付によって支払うというものです。

ということは,この弁護士報酬特約を付けていれば,保険契約の条件を満たす限り,弁護士費用は保険会社から支払ってもらえるのですから,被害者等ご本人は弁護士費用を支払う必要はなくなります。

そのため,弁護士報酬特約が適用される場合には,交通事故の「損害」として弁護士費用を認める必要はないのではないか?ということが問題となってきています。

【関連】弁護士報酬特約とは?

ご予約

このページの先頭へ