積極損害 診療費・治療費関連

過剰診療とは?

交通事故によって受傷し診療費や治療費などを支出した場合でも,その診療等が「過剰診療」である場合には,それらの診療費等が損害として認められない場合があります。ここでは,この過剰診療とは何かについてご説明いたします。

過剰診療

交通事故によって受傷し,その傷害について診療や治療を受けた場合,その診療費・治療費は,基本的に全額が積極損害として認められるのが通常です。とはいえ,あらゆる診療費や治療費が損害であると認められるわけではありません。交通事故による傷害の治療のために必要かつ相当なものでなければなりません。

この診療費・治療費について問題となるものの1つとして,「過剰診療」の場合の診療費・治療費というものがあります。

過剰診療とは,医学的な必要性または合理性が認められない診療のことをいいます。要するに,それをしなくても,その他通常の診療等をすれば傷害の治療ができるというものです。

【関連】診療費等は損害に当たるか?

過剰診療による診療費等の取扱い

過剰診療は,前記のとおり,それをしなくても,通常の診療等で十分治療が可能であるという診療です。

そうであるとすれば,通常の診療を受ければ足りるのですから,必要性があるといえません。また,そのような過剰診療による診療費等を加害者等に負担させるのも相当とはいえないでしょう。

そのため,過剰診療による診療費・治療費等は,交通事故による損害として認められないのです。

もっとも,過剰診療による診療費等は,常に全額が損害として認められないというわけではありません。過剰でない部分,要するに,通常の診療による診療費相当の部分については,損害として認められます。

ただし,その診療方法自体が過剰診療であるという場合には,その過剰診療の診療費等については,全額について損害として認められないことになるでしょう。

過剰か否かの判断基準

前記のとおり,当該診療が過剰診療であると認定されると,その診療費は損害として認められません。その場合,その過剰診療の診療費は,患者である被害者の方が自己負担しなければならなくなります。

そこで,過剰診療か否かの判断基準はどこにあるのかということが問題となってきます。

前記のとおり,過剰診療とは,「医学的に」必要性・合理性のない診療のことをいいます。したがって,その判断基準も「医学的に」判断するほかありません。

一般的には,その診療が,当該傷害の治療のために通常の医師が用いる診療・治療方法であるといえるかどうかということが問題となってくるでしょう。

一般的に用いられる方法でないということであれば,医学上の必要性・合理性を否定され,当該診療は過剰診療であるという方向に判断されやすいと考えられます。

もっとも,一般的な診療方法でないからといって,必ずしも必要性・合理性がないというものではありません。

その場合には,被害者側としては,その診療方法が傷害の治療において必要であることを主張立証する必要があります。特に,結果として,通常の診療方法等では改善しなかったものが,当該診療等を行ったところ改善したという事実があれば,必要性が認められやすくなります。

また,仮に改善等は見られなかったという場合でも,当該診療等を行うべき合理性があれば,過剰診療ということになりません。

合理性というのは,要するに,正当な理由があるということです。たとえば,その診療方法によって症状が改善された実例等があるため医師による勧めがあったことなどを主張立証していくことになるでしょう。

ご予約

このページの先頭へ