イメージ画像

交通事故の各種事故類型

交通事故の類型

交通事故とひとくちに言っても,その事故態様はさまざまですが,交通事故を類型化するならば,大きく分ければ人身事故と物損事故に分けることができるでしょう。

言うまでもないことですが,人身事故とは,人の身体・生命を侵害する結果(人身に対する損害)を生じさせる事故類型です。他方,物損事故とは,財産(物)を侵害する結果(物に対する損害)を生じさせる事故類型のことをいいます。

これらは,必ずしも別々に生ずるというわけではなく,1つの交通事故で人身に対する損害と財産に対する損害を生じさせる場合もあります。

人身事故は,さらに,損害の内容によって,傷害事故と死亡事故に分けることができます。また,傷害事故の場合には,一時的な傷害の場合と後遺障害を伴う場合とに分けることもできるでしょう。

これらの事故類型における損害賠償請求は,基本的な枠組みは異ならないものの,賠償を請求できる損害の内容や金額が異なってきます。

人身(人損)事故

人身(人損)事故の場合,人の生命・身体を侵害する事故ですから,その被る損失は大きなものとなります。

もっとも,人身事故といっても,以下のように区別することができるでしょう。

→ 詳しくは,人身(人損)事故における損害賠償請求

傷害事故

傷害事故は,人の身体に対して傷害を与えるという結果を発生させた事故のことをいいます。

後遺障害のない傷害事故の場合には,財産的損害として積極損害・消極損害の賠償請求が認められます。

積極損害としては,診療費・治療費・入院費・通院交通費・弁護士費用などが認められる場合があります。また,消極損害としては,休業損害が認められる場合があります。

精神的損害としての慰謝料請求も認められる場合があります。通常の傷害事故の場合の慰謝料は,入院・通院の期間等によって金額が算定されることが多いでしょう。

→ 詳しくは,人身・傷害事故における損害賠償請求

後遺障害事故

傷害事故のうちでも,後遺障害(後遺症)が残ってしまうような傷害事故のことを後遺障害事故と呼ぶことがあります。

後遺障害事故の場合も,財産的損害として,積極損害および消極損害が認められます。

積極損害としては,通常の傷害の場合と同様,診療治療費・入院費・通院交通費・弁護士費用が認められます。また,将来の診療費・介護費・介護のための改築・改造費用なども認められる場合があります。

消極損害としては,休業損害のほかに,交通事故に遭わなければ得られたであろう収入を損害賠償として請求できる場合があります。これを逸失履歴といいます。

精神的損害としての慰謝料請求については,後遺障害事故の場合,後遺障害の等級に応じて金額が算定されるのが通常です。

→ 詳しくは,人身・後遺障害事故における損害賠償請求

死亡事故

人身事故のうちでも,人の生命が奪われた場合の事故を死亡事故と呼んでいます。

死亡事故の場合も,傷害事故の場合と同様に,財産的損害として積極損害と消極損害の賠償請求が認められます。

積極損害としては,診療治療費・入院費・通院交通費・弁護士費用のほか,葬儀関連費用などが認められます。

消極損害については,休業損害のほか,後遺障害事故の場合と同じく,逸失利益の損が賠償請求が認められる場合があります。

精神的損害としての慰謝料請求も,当然,認められます。死亡事故の場合には,直接の被害者の方だけでなく,近親者の方についても固有の慰謝料請求が認められる場合が多いでしょう。

→ 詳しくは,人身・死亡事故における損害賠償請求

物損事故

人の身体ではなく,財産(物)が侵害された場合の事故のことを物損事故といいます。

物損事故については,原則として精神的損害賠償は認められず,財産的損害の賠償のみが認められることになります。具体的には,修理費用等ということになるでしょう。

ただし,極めて例外的な事情がある場合には,慰謝料請求が認められるということもないわけではありません。

→ 詳しくは,物損事故における損害賠償請求

ご予約

このページの先頭へ