イメージ画像

損害賠償請求における人身事故と物損事故の違いとは?

交通事故には人身事故物損事故があります。ここでは,損害賠償請求における人身事故と物損事故の違いについてご説明いたします。

交通事故の類型

交通事故には,被害の対象によって,人身(人損)事故と物損事故があります。人の生命・身体を侵害する場合が人身事故であり,人の財産を侵害する場合が物損事故です。

いずれの場合も,不法行為が成立することには変わりありませんから,損害賠償請求が可能です。しかし,人身事故の場合に被害を被るのは人の生命・身体ですから,その被害の大きさは,物損事故と比べられません。

そのため,人身事故と物損事故では,損害賠償請求において多くの点で違いが生じています。

→ 詳しくは,交通事故の事故類型

自賠責保険

人身事故の場合と物損事故の場合の大きな違いの1つは,自賠責保険です。

人身事故の場合には,被害者救済のため,損害の最低限度を保障すべく,自動車損害賠償保障法によって,自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)という制度が設けられています。

自賠責保険は,これに加入しない場合には刑罰の適用があるなど,法律によって加入が強制されていることから強制保険と呼ばれることもあります。

しかし,この自賠責保険はあくまで人身事故にだけ適用される制度です。物損事故の場合には適用がありません。

そのため,人身事故の場合であれば,仮に加害者等が任意保険に加入しておらず,しかも資力がなかったとしても,自賠責保険によって,最低限度の損害賠償の支払をうけることができます。

ところが,物損事故の場合には自賠責保険がありませんから,加害者が任意保険に加入しておらず,しかも資力がない場合には,被害者が損害賠償を受けることができなくなるという可能性があります。

実際,物損事故の場合には,自賠責保険がないために,損害賠償の回収ができないという切実な問題が生ずることが少なくありません。

→ 詳しくは,自賠責保険とは?

運行供用者責任

前記自賠責保険にも関連してきますが,物損事故の場合には,自動車損害賠償保障法における運行供用者責任の適用もなされません。

運行供用者責任とは,不法行為責任の特別類型です。一般の不法行為責任を追求する場合には,被害者の方で,加害者等の故意または過失などを主張立証しなければらなりません。しかし,これはなかなか難しい場合もあり得ます。

そこで,被害者救済の見地から,被害者側の立証責任を軽減するとともに,損害賠償を請求できる相手方を直接の加害者だけでなく,車両所有者等の運行供用者にまで拡大し,損害賠償請求を認められやすくしたものが,この運行供用者責任です。

そのため,人身事故の場合には,この運行供用者責任を利用できるので,非常に被害者有利となりますが,物損事故の場合には,運行供用者責任を利用できないので,一般不法行為によって主張立証していく必要が出てきます。

→ 詳しくは,運行供用者責任とは?

損害項目

実務上,交通事故の損害賠償請求は,個別損害項目別積み上げ方式によって損害金額が決められています。

個別損害項目積み上げ方式とは,損害を項目ごとに分類し,それぞれの項目ごとに損害金額等を算定し,それらを積み上げて損害賠償の金額の総額を決するという方式です。

損害項目は,大きく分けると,財産的損害精神的損害に分けることができます。これについては,人身事故でも物損事故でも違いはありません。

もっとも,人身事故の場合には,さらに,財産的損害について,積極損害と消極損害に分けることができます。

また,人身事故と物損事故とでは生ずる被害が異なりますので当然ですが,どのような被害が損害として認められるのかについても,人身事故の場合と物損事故の場合では違いがあります。

大きな違いは,精神的損害でしょう。精神的損害の賠償請求のことを慰謝料請求と呼んでいますが,これは人身事故の場合であれば原則として認められています。しかし,逆に,物損事故の場合には,慰謝料請求は認められないのが原則です。

→ 詳しくは,損害の分類

ご予約

このページの先頭へ