人身・傷害事故における損害賠償請求

人身・傷害事故における損害賠償請求

交通事故には人身事故と物損事故とがあります。この人身事故のうち,被害者の方が人身に傷害を負った場合の事故のことを傷害事故と呼んでいます。ここでは,この人身・傷害事故における損害賠償請求についてご説明いたします。

人身・傷害事故の類型

交通事故は,大きく分けると「人身事故」と「物損事故」に分けることができます。このうち,人身事故とは,被害者の方の身体又は生命に対する侵害という結果が生じた場合の事故のことをいいます。

被害者の方が傷害を負ったものの死亡には至らなかった場合を「傷害事故」といい,被害者の方が死亡に至った場合を「死亡事故」といって区別することになります。

もっとも,人身・傷害事故には,単純な傷害と後遺障害(いわゆる後遺症)が残ってしまう傷害の2つの結果があります。単純な傷害というのは,傷害の程度が軽微であるという意味ではなく,後遺障害が残らない傷害であるという意味です。

→ 詳しくは,後遺障害事故における損害賠償請求

傷害事故と死亡事故

傷害事故は,死亡事故とは,被害者の方が亡くなるという結果が生じたかどうかによって区別されます。

交通事故による損害賠償請求については,これまで蓄積されてきた裁判例や解決事例などから,損害に該当するかや損害賠償の金額をどの程度とするのかなどについて一定の基準が定められていますが,やはり,傷害事故と死亡事故では,その基準が異なってきます。

また,前記のとおり,傷害事故には,通常の傷害と後遺障害(後遺症)が残る傷害事故とがありますが,これらも,死亡事故と傷害事故の場合と同様に,損害賠償事事件においては基準が異なってきます。

→ 詳しくは,死亡事故における損害賠償請求

通常の人身・傷害事故における「損害」

前記のとおり,傷害事故と死亡事故,さらには,通常の傷害事故と後遺障害事故とでは,損害賠償における基準が異なってきます。具体的にいえば,どのような被害が損害として認められるのか,損害として認められたとしてそれがどのように金銭的に評価されるのかという点が異なってきます。

後遺障害のない通常の障害事故の場合には,以下のような損害の賠償請求が認められます。

→ 詳しくは,人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる損害

財産的損害

交通事故の人身・傷害事故における財産的損害は,実費等の損害である積極損害と,消極損害としての休業損害が認められる場合があります。

積極損害

交通事故の人身・傷害事故における積極損害としては,以下のようなものがあります(事案によって異なります。)。

→ 詳しくは,人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる積極損害

消極損害

交通事故の人身・傷害事故においては,消極損害として,「休業損害」が認められる場合があります。

休業損害とは,文字どおり,交通事故によって負った傷害により休業を余儀なくされた場合に,その休業をしなければ得られたであろう収入を損害賠償として請求するというものです。

→ 詳しくは,人身・傷害事故(後遺障害なし)において認められる消極損害

精神的損害

交通事故の人身・傷害事故の場合でも,精神的損害の賠償請求(慰謝料請求)が認めれます。

傷害事故における慰謝料請求は,通院日数・入院日数に応じて金額が定められることになります。

傷害事故における慰謝料請求

ご予約

このページの先頭へ