交通事故の基礎知識

交通死亡事故の被害者の遺族は加害者等に対してどのような請求ができるのか?

交通死亡事故が起きてしまった場合に,その被害者のご遺族の方たちは,加害者等に対してどのような請求ができるのかということが問題となってきます。ここでは,この交通死亡事故の被害者遺族の方が加害者等に対してどのような請求ができるのかについてご説明いたします。

被害者遺族の方の請求

交通事故において最も重大な事故は,言うまでもなく,死亡事故でしょう。生命を奪われるというのですから,被害者の方が被った損害は,取り返しがつかないほどの損害です。

もっとも,被害者の方は事故によって亡くなられていますから,被害者の方自身が,加害者等に対して,損害の賠償を請求することはできません。

そこで,被害者の方に代わって,遺族の方たちが加害者等に対して損害賠償を請求するということになります。

もっとも,遺族の方といっても,さまざまな方がいます。そして,それぞれの立場によって請求できる法的な構成や内容が異なってきます。

被害者の方の相続人

前記のとおり,交通死亡事故において実際に損害を被っているのは,当然のことながら被害者ご自身です。したがって,本来であれば,加害者等に対して損害賠償請求権を有するのは,この被害者ご自身のはずです。

しかし,実際に被害者の方は亡くなられていますから,その損害賠償請求権を行使することはできません。

そこで,この被害者の方が有していた損害賠償請求権を,被害者の方の相続人が相続し,加害者等に対して損害賠償を請求するということになります。

この点については,被害者が死亡している以上,その死亡の時点で損害賠償請求権も無くなるのであるから,その被害者に生じた損害賠償請求権は相続されることはないという考え方もあり得ます。

しかし,現在の判例や通説では,被害者の方に生じた損害賠償請求権は,その被害者の相続人に相続されると考えられており,実務上も争いはないといってよいでしょう。

また,損害賠償請求権の相続については,財産的な損害賠償はともかく,慰謝料についても相続されると考えてよいのかという議論もありましたが,現在では,この慰謝料請求権も相続されるということで争いはありません。

したがって,被害者の相続人の方は,被害者の方の有していた損害賠償請求権を相続し,それに基づいて,加害者等に対して損害賠償を請求できることになります(なお,相続人が複数いる場合には,各自の相続分に応じて請求できるということになります。)。

なお,相続人の方は,上記の相続した損害賠償請求のほかに,後記の近親者固有の慰謝料請求もできる場合があります。

相続人以外の遺族の方

前記のとおり,被害者の方自身が有していた慰謝料も含めた損害賠償請求権は,相続によって,被害者の相続人の方に承継されることになります。

したがって,相続人でない遺族の方は,被害者の方の有していた損害賠償を代わりに請求することはできません。

もっとも,相続人でないからといって,被害者の方を失ったという精神的な苦痛がないというはずはありません。特に,被害者の方との関係が緊密であればあるほど,その苦痛は大きなものとなるでしょう。

そこで,遺族のうちでも被害者の近親者については,特に固有の慰謝料請求をすることが認められています(民法711条)。

ここでいう「近親者」とは,被害者の方の「父母」「配偶者」「子」のことをいいますが,それ以外の方でも父母・配偶者・子に匹敵するほどに被害者の方と近しい関係にあった方については固有の慰謝料が認められると考えられています。

それ以外の遺族の方

上記相続人や近親者(またはそれに準ずる方)に当てはまらない遺族の方については,原則として,損害賠償請求は認められません。

ただし,ごく例外的な事情があり,その遺族の方が直接に損害を被ったというような場合であれば,損害賠償が認められる可能性が皆無というわけではありません。ただし,認められることはかなり稀でしょう。

まとめ

以上をまとめると,遺族の方の損害賠償請求については以下のようになるでしょう、

  • 相続人かつ近親者(またはそれに準ずる方)である方は,被害者の方の損害賠償請求を相続してこれを請求でき,また,近親者固有の慰謝料を請求することもできます。
  • 相続人であるが近親者でない方は,被害者の方の損害賠償請求権を相続してこれを行使できます。
  • 近親者であるが相続人でない方は,近親者固有の慰謝料請求をすることができます。
  • 相続人でも近親者でもない方は,原則として損害賠償を請求することはできません。

ご予約

このページの先頭へ