交通事故における損益相殺

損益相殺によって控除される利益とは?

交通事故の損害賠償請求においては,損益相殺によって,損害から交通事故によって得た利益が控除される場合があります。ここでは,損益相殺によって控除される利益とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

損益相殺によって控除される利益

交通事故をはじめとする不法行為による損害賠償請求においては,不法行為によって得た利益がある場合に,それを損害から控除する「損益相殺」がなされることがあります。

不法行為制度の趣旨は,損害の公平な分担にあります。そのため,被害者であっても,被害回復以上の利益を与えることは公平に反することから,損益相殺という措置がされているのです。

損益相殺によって控除される利益にはさまざまなものがありますが,どのような利益が控除されるのかは,やはり損害の公平な分担という不法行為制度の趣旨から,個別具体的に検討していくほかないでしょう。

もっとも,損益相殺によって控除される利益を分類するならば,支出節約型と給付型に分けることはできます。

>> 交通事故における損益相殺とは?

支出節約型の利益

損益相殺によって控除される利益の類型の1つとして「支出節約型」があります。支出節約型とは,交通事故によって,本来支出すべきはずだった支出を免れることができたという消極的な利益のことです。

たとえば,死亡事故の場合,被害者の方は生命を侵害されるという非常に大きな損害を被っています。しかし,道徳的・倫理的な妥当性はともかく,交通事故によってその後の生活費は必要なくなりますから,その生活費分の消極的利益を得ているといえます。

そこで,死亡逸失利益の算定においては,この生活費が控除されることになります。支出節約型の典型的な例であるといえるでしょう。

また,支出節約型の利益としては,養育費の支払いや税金などが問題となる場合もあります。

>> 損益相殺による控除される支出節約型の利益とは?

給付型の利益

損益相殺において問題となるのは,やはり給付型の場合でしょう。給付型とは,交通事故によって,第三者または加害者から損害賠償とは別に何らかの給付を受けたという積極的利益です。

給付型の利益として最も問題となるのは,社会保険によって支払われる給付です。たとえば,労災保険による給付,健康保険による給付,介護保険による給付などが問題となってきます。

社会保険以外の給付で問題となるのは,自賠責保険からの給付,政府保障事業からの給付,生命保険金,対人賠償保険などから支払われる給付などがあります。

給付型の利益を損益相殺によって控除すべきかというのは,交通事故損害賠償においても大きな問題となることの1つです。もっとも,給付型の場合には一律に控除されると考えることはできません。

給付型の場合であっても,損害の公平な分担という観点から,それぞれの給付の性質や内容に応じて,それが損益相殺によって控除されるべきものなのかということを個別具体的に検討していく必要があるでしょう。

(著者:弁護士 志賀 貴

ご予約

このページの先頭へ