イメージ画像

交通事故の損害賠償における「損害」とは?

交通事故の損害賠償請求をするためには,まず「損害」がなければなりません。ここでは,この交通事故の損害賠償における「損害」とは何かについてご説明いたします。

損害の意味

交通事故による損害賠償を請求するためには,当然ですが,そもそも「損害」が生じていることが必要です。この損害を金銭によって填補するというのが,損害賠償制度ということになります。

もっとも,ここでいう「損害」とは,法的な意味での損害でなければなりません。単に,被害者の方の主観において損害だと認識していたとしても,それらすべてを損害として賠償請求できるというわけではないということです。

そこで,どのようなものが交通事故の損害賠償において「損害」といえるのかということが問題となってきます。この法的な意味での「損害」をどのように解釈するのかという問題です。

損害の解釈

損害賠償における「損害」をどのように捉えるのかについては,いくつかの見解があります。

差額説

1つは,差額説と呼ばれる見解です。これは,加害行為がなかった場合の利益状態と加害行為がなされた場合の利益状態との「差」を損害と考える見解です。現在の通説です。

差額説によれば,損害は,財産的損害と精神的損害に区別され,財産的損害はさらに,財産が減少したという意味の積極損害と,得られるはずだった財産が得られなくなったという意味の消極損害に区別されると考えられています。

そして,この区別された各項目ごとに個別に損害を金銭的に評価し,それらを積み上げて損害を算定するという方式がとられます。

例えば,入院治療費は●●円,逸失利益は●●円,慰謝料は●●円とし,その合計額が損害の金額となるということです。「個別損害積み上げ方式」と呼ばれることがあります。

死傷損害説

前記差額説に対しては,逸失利益の算定は死傷者の余命などに基づく仮定にすぎないとの批判や,被害者の所得などで差異が生じるのは生命の価値に差を設けることにつながるなどの批判があります。

そこで,提唱されたのが,死傷損害説です。これは,死傷そのものを1個の非財産的損害と捉えるという見解です。

死傷損害説のうちにもいくつかの見解がありますが,代表的な見解は,人身事故における損害を定額化すべきという定額説です。

この死傷損害説は,収入の格差による個人差を抑制できるなどの利点がありますが。

しかし,死傷損害説に対しては,被害者以外の近親者を被害者とすることができなくなること,死傷自体の金銭的評価が困難であること,損害額の認定が裁判所のまったくの自由裁量となってしまい,加害者側の防御が困難となったり客観性を欠くおそれがあること,現実の被害を填補する者である以上,収入の多寡によって損害額に差異が生じることはむしろ当然であり衡平を欠くものではないことなどの批判がなされています。

労働能力喪失説

労働能力喪失説と呼ばれる見解もあります。これは,人間は潜在的に労働をして収入を得る能力を有しているとの考えから,その能力の喪失それ自体を財産的損害と捉える見解です。

労働能力喪失説によれば,被害者の努力等によって現実には減収がない場合や減収が見込まれない場合であっても,客観的に労働能力が喪失されているのであれば,損害を認めうるということになります。

裁判・実務における考え方

前記のとおり,損害の概念をどのように捉えるかについてはさまざまな見解がありますが,判例は,差額説を採用していると考えられています。

そのため,実務においては,前記の個別損害積み上げ方式が用いられており,個々の項目の損害額を主張・立証していくことになります。

そして,この各損害項目については,裁判例の積み重ねによって,一定の基準値が定められており,法的安定性を図るための工夫がなされています。

もっとも,労働能力喪失説を正面から認めた最高裁判所の判例はありませんが,下級審裁判例では,労働能力喪失説を採用したと解釈できるものもあり,差額説的な考え方を基本としつつも,労働能力喪失による損害を評価しているという場合も少なくありません。

その意味でいうと,実際の裁判実務においては,差額説を基本としつつ,労働能力喪失説の考え方も取り入れた運用がなされているといってよいでしょう。

ご予約

このページの先頭へ