運行供用者責任

運行供用者責任における「運行」とは?

運行供用者責任においては,自動車の「運行」の意味をどのように考えるべきかが重要な問題となる場合があります。ここでは,この運行供用者責任における「運行」とは何かについてご説明いたします。

「運行」の意味

自動車損害賠償保障法2条2号
この法律で「運行」とは,人又は物を運送するとしないとにかかわらず,自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう。

運行供用者責任においては,「自己のために自動車を運行の用に供する者」(運行供用者)が,「運行によつて他人の生命又は身体を害したとき」に損害賠償責任を負担することになります。

したがって,運行供用者性の判断にしろ,運行起因性の判断にしろ,運行供用者責任の適用については,「運行」とは何かということが非常に大きくかかわってきます。

この点,自動車損害賠償保障法2条2号は,上記のとおり,運行について定義づけています。これによれば,運行とは,人や物を運送しているかどうかは関係がないものとされています。

当該装置の用い方に従い用いること

前記のとおり,「運行」というためには,人や物を運送しているかどうかにかかわらず,その自動車を「当該装置の用い方に従い用いること」が必要となります。

当該装置

運行は,「当該装置の用い方に従い用いること」ですが,この「当該装置」とは何かということが問題となってきます。

当該装置については,かつては,原動機(エンジン)を指すという見解(原動機説)もありました。実際,裁判でもこの見解が用いられていた時期もあったようです。

しかし,この原動機説によると,他の車両等にけん引されてハンドル・ブレーキ操作のみで走行しているようなエンジンは動いていないものの走行はしているという場合に,運行供用者責任が認められなくなってしまいます。

そこで,「当該装置」には,エンジンだけでなく,ハンドルやブレーキなども含まれるという見解(走行装置説)が一般的となりました(最三小判昭和43年10月8日等)。

さらに,その後,「当該装置」には走行装置だけでなく,車両に固有の装置も含むという見解(固有装置説)が示され(最一小判昭和52年11月24日等),現在では,この見解が判例の見解であるといわれています。

もっとも,この固有装置にはどのような装置まで含むのかという固有装置の範囲の問題については,明確な基準は出されていません。

また,「当該装置」の解釈については,他にも,自動車それ自体を装置とみる車自体説などの学説もあります。

当該装置の操作・操縦

前記のとおり,「当該装置」に固有装置まで含むとしても,「運行」というためには,それを「用い方に従い用いること」が必要となってきます。

そこで,「当該装置」を操作したり操縦したりすることが必要となるのか,という問題が生じてきます。

この点,トラックの荷台に積んであった資材を,フォークリフトで,トラックの側面からその側面とは反対側の側面に落としたところ,そのトラックの側面を歩いていた児童がその資材の下敷きになって死亡したという事案で,最一小判昭和63年6月16日は,トラックの荷台自体に操作等がなされていないとしても「運行」に当たるという判断をしています。

したがって,必ずしも「当該装置」と操作・操縦することは求められていないと考えることができるでしょう。

「運行」に関わる問題

「運行」については,駐停車している自動車についても「運行」が認められるかという問題があります。これについては,概ね「運行」が認められていますが,その理由づけはさまざまです。

また,その他にも,車両と直接接触していない場合(非接触事故)の問題や複数の車両が関わっている場合の問題などもあります。

ご予約

このページの先頭へ